ハンドメイドイベント出店の【キャッシュレス決済導入ランキング】ゼロからのはじめ方

本記事はプロモーションリンクが含まれます。記事内容は筆者の調査と体験をもとにしています。

イベント出店

ハンドメイドマーケットやマルシェのイベント出店でキャッシュレス決済導入したい!

でも、どこのサービスが良い?はじめ方は簡単!?わかりやすく知りたい!

ハンドメイドマルシェやフリーマーケットの出店にオススメのキャッシュレス決済は!?

ランキング形式で紹介すると、

1位:キャンペーンが熱い『エアペイ
2位:決済端末が安い『スクエア
3位:電子マネーの決済手数料が安い『ストアーズ決済

上記3社は、モバイル端末で持ち運びOK!個人でもお申込みできるよ。

1番オススメはキャンペーンが熱い『エアペイ、使い方もシンプルでかんたんと人気だよ。

万が一合わなくても解約料は一切かからないから安心、申し込みもネットで最短10分でできちゃいます。

エアペイは専用カードリーダーが無料で貸与されるキャンペーン中だよ。
もし、実店舗があればプラスでiPadも無料貸与になる激アツキャンペーンです。
キャンペーンはいつ終わってしまうかわからないので、お得なうちにはじめてね。

\カードリーダーが無料貸与/

エアペイ公式ページはこちら>>

ここからの記事は、イベント出店にオススメなエアペイ、スクエア、ストアーズ決済の3社についてくわしく紹介するよ。申し込みから必要書類、必要機器までわかりやすく解説します。

ハンドメイドイベントやマルシェ出店にオススメのキャッシュレス決済ランキングは?比較表でくらべたよ

ハンドメイドマーケットやマルシェ、フリーマーケット出店にオススメなキャッシュレス決済3社を一覧表でまとめたよ。

決済代行業者対応ブランド数導入スケジュール決済手数料振込手数料入金サイクルその他特徴
エアペイ 56種類
(エアペイQR
エアペイポイント
含む)
約2週間3.24%0円月6回モバイル端末
(iPadかiPhoneのみ)
POSレジ連携
ストアーズ決済 18種類約1週間
オンライン決済は
2日
1.98~3.24%自動入金は0円
手動入金は
10万以上0円
10万未満200円
自動は月1回
手動は入金依頼後2日
モバイル端末
2分割・リボ払い可
オンライン決済可
POSレジ連携
スクエア18種類約1週間
オンライン決済やTap to Payは
最短当日
3.25~3.75%
※手数料引き下げになったよ
0円最短翌日モバイル端末
オールインワン端末
スマホが決済端末になる「Tap to Pay」の利用
オンライン決済可
POSレジ機能
ECサイト機能

個人がハンドメイドイベントやフリーマーケットイベント出店キャッシュレス決済を導入する場合、重視したい項目は下記の3点

①決済手数料や導入費などの料金が安い
②気軽に導入できる
③操作が簡単

この3点を考慮してオススメをランキングにすると

キャンペーンでiPadと専用カードリーダーが無料で貸してもらえる『エアペイ』がおすすめ。
(貸与される専用カードリーダーは、エアペイを解約しない限りずっと使えるよ)
iPadが無料になるのは実店舗がないと適用されないけど、専用カードリーダーは新規で申込&審査に通過で無料貸与になるよ。

スクエア』は、決済手数料が少しだけ高めだけど、決済端末が買い切りで『4,980円(税込)
アンドロイドスマホが決済端末になる【Tap to Pay】というサービスも利用できるから、決済端末を購入せずにクレジットカードのタッチ決済を受付けることができます。
入金サイクルも最短翌日で振込手数料も無料だから予備としてでもアカウント登録しておくと安心だよ。

ストアーズ決済』は、電子マネーの決済手数料が1番安いので、電子マネーを利用するお客様が多いイベントにはストアーズ決済がいいよ。

【導入費用の安さ】【はじめてでも使いやすい】をポイントにした結果『エアペイ』が1番おすすめでした。

\専用カードリーダーが無料で貸与/

エアペイ公式ページはこちら>>

1位:おすすめは『エアペイ』

エアペイは、

クレジットカード7社、電子マネー12社に対応している決済サービスだよ。
※エアペイQRに別途お申込みするとQRコード決済36種に対応できます。

基本情報は、

導入に必要な機器

iPhoneもしくはiPadと専用カードリーダーがあればはじめられる
※キャンペーンを利用すれば専用カードリーダー無料貸与
条件を満たせばiPadも無料貸与


導入スケジュール

審査完了まで最短3日,その後利用開始まで約10日


料金
【月額固定費】0円
【決済手数料】3.24%
【振込手数料】0円(ゆうちょ銀行不可)
【解約料】違約金0円,解約手数料0円
入金サイクル
月6回(三井住友銀行・三菱UFJ銀行・みずほ銀行)
月3回(その他の銀行)

実店舗がある場合と、iPadもしくはiPhoneがあれば迷わず『エアペイ』がオススメ!

理由は、専用カードリーダーが無料で貸してもらえるキャンペーン中だからです。
実店舗があればiPadも無料で貸してもらえます。
実店舗がなくてもiPadやiPhoneがあれば導入費や初期費用0円ではじめることができるよ。

エアペイのキャンペーンについてくわしくは別記事でチェックしてね。

エアペイを解約するときに貸与されていた専用カードリーダーは返却する必要があるよ。

キャンペーンは期間の定めがなく、予告なく終了する場合があります。
いつ終わってしまうかわからないので早めの申し込みがいいよ。

\エアペイキャンペーンに申し込む/

エアペイ公式ページはこちら>>

2位:決済端末(スクエアリーダー)が安い『スクエア』

スクエアは、
クレジットカード6社、電子マネー11社、PayPayに対応できる決済サービスだよ。

基本情報は、

導入に必要な機器
スマホやタブレット、決済端末があればはじめられる
※iPhoneやiPad、アンドロイド端末でもOK


導入スケジュール
審査完了まで最短当日,決済端末注文から最短翌日発送


料金
【月額固定費】0円
【決済手数料】3.25%~3.75%
【振込手数料】0円
【解約料】違約金0円,解約手数料0円


入金サイクル
翌営業日入金(みずほ銀行・三井住友銀行)
月4回(その他の銀行)

スクエアは、入金サイクルが翌営業日で1番早く、振込手数料も条件なしで無料です。
資金繰りにこだわるなら『スクエア』がいいよ。

2023年3月からは決済端末の【スクエアリーダー】が値下げし、7,980円が4,980円になりました。
決済手数料も引き下げになり、かなりはじめやすくなったよ。

スクエアの端末クーポンや最新キャンペーンについて1番お得にはじめる方法を別記事で紹介しているから良かったらチェックしてね。

もともとAndroidスマホがあればクレジットカードのタッチ決済が受付られる【Tap to Pay】がリリースされていましたが、
2024年5月16日、iPhoneでもAndroidスマホでも、スマホが決済端末になる【スマホでタッチ決済】になって進化したよ。
スマホでタッチ決済】の特徴は下記の3つ、
①iPhoneやアンドロイドスマホがあればOK
②クレジットカードのタッチ決済やモバイルウォレットのApple Payなどに対応
③必要な費用は決済手数料のみ、決済端末がいらないから導入スピードが早い

決済端末が不要だから、初期費用なしではじめることができるよ。
スマホでタッチ決済(旧Tap to Pay)」は無料アカウント登録し、審査に通過、アプリをインストールして利用できます。
予備として利用するのもアリ、試しに利用してみるのもアリ、
今すぐキャッシュレス決済を導入したい人」「決済端末なしでキャッシュレス決済を導入したい人
決済端末を持ち運びたい方」にピッタリだよ。
スクエアのスマホでタッチ決済(旧Tap to Pay)についてくわしくは別記事で紹介しているからチェックしてみてね。

\スクエアを申し込む/

スクエア公式ページはこちら>>

3位:電子マネーの決済手数料を抑えたい場合は『ストアーズ決済』

『ストアーズ決済』は、電子マネーの決済手数料がめちゃくちゃ安いので、電子マネーを利用するお客様が多いと感じている方はストアーズ決済がいいよ。

※ストアーズ決済で電子マネーを利用するにはiPhone、またはiPadが必要です。

クレジットカード6社、交通系電子マネー9社、QRコードのWeChatPAYに対応している決済サービスだよ。

基本情報は、

導入に必要な機器

スマホやタブレットと決済端末があればはじめられる
※iPhoneやiPad、アンドロイド端末でもOK(アンドロイド端末は電子マネー利用不可)


導入スケジュール

審査完了まで最短2営業日、決済端末は最短翌日発送


料金
【月額固定費】0円
【決済手数料】1.98%~3.24%
【振込手数料】自動入金0円,手動入金10万円未満200円,10万円以上0円
【解約料】違約金なし,解約手数料0円


入金サイクル
自動入金は月1回,手動入金は振込依頼から2営業日以内

ストアーズ決済は、決済端末(通常19,800円)が申込後の条件達成で無料になるよ。
達成条件は下記、

申込後、180日(約6ヶ月)以内にストアーズ決済利用で合計売上10万円を超えること
ストアーズ決済のキャッシュレス決済でひと月約2万円の売上が半年あれば10万円を達成できるよ。
達成できれば、決済端末料金19,800円(税込)が無料になるから、チャレンジしてみてね。

ストアーズ決済の決済端末が0円になる条件についてくわしくは別記事で紹介しているよ。

\ストアーズ決済に申し込む/

STORES 決済 (旧:Coiney)公式ページはこちら>>

ハンドメイドイベント出店のキャッシュレス決済、申し込み方法や必要書類は?

ハンドメイドマーケットやマルシェのイベント出店でキャッシュレス決済サービスに申し込む時、必要な書類は、大きくわけて3種類!

①口座情報
②本人確認書類 ※法人の場合は登記簿謄本
③店舗情報書類

ストアーズ決済もエアペイもスクエアも必要書類はだいたい一緒だよ。

店舗情報の資料はPDFもしくは画像ファイル(jpg、png形式)で用意してね。

申し込みは、ネットで10分ほどでできるから簡単だよ。

エアペイの申し込み方法

エアペイを個人で申し込む方法は、かんたん3ステップ

①AirIDの登録
②店舗情報の登録
③必要書類のアップロード

エアペイの必要書類は、

・本人確認書類
・自宅兼事務所の入り口写真,自宅兼事務所の建物全体の外観写真
・商品,サービスが確認できる写真
・イベント内容が確認できる資料
・お店の名前、自宅兼事務所の住所、電話番号が確認できる資料
・ネットショップをしていればURL提出

エアペイの申し込み方法や必要書類についてくわしくは別記事でも紹介しているよ。

\実店舗があればお得なキャンペーン中/

エアペイ公式ページはこちら>>

スクエアの申し込み方法

スクエアを個人で申し込みする方法は、かんたん3ステップ

①メールアドレス入力
②パスワードの設定
③個人情報の入力
④口座情報の登録

スクエアの必要書類や情報は、

名前・電話番号・生年月日・住所
口座情報
業種・事業内容

一番かんたんに審査へ進めるのがスクエアだよ。

スクエアの審査基準や審査に落ちないためのポイントを詳しくは別記事>>

スクエアのアカウント登録方法についてくわしくは、別記事で紹介しているよ。

スクエアは審査通過後に画像資料など提出依頼がくる場合があるよ。

\入金サイクルで選ぶならスクエア/

スクエア公式ページはこちら>>

ストアーズ決済の申し込み方法

ストアーズ決済を個人で申し込む方法は、4ステップ。

①メールアドレスの登録
②パスワードを登録
③事業所情報の登録
④口座情報の登録

ストアーズ決済の必要書類や情報は、

・名前・住所・電話番号・生年月日
・出店予定のイベント情報や過去のイベント出店情報が確認できるチラシ、ホームページURLなど

・イベントで実際に販売している様子の写真やブースの写真(あればでOK)
・商品、サービス内容、価格が確認できる資料
※インスタグラムなどSNSアカウントやネットショップURLなど
・銀行支店名・預金種目・口座番号・口座名義

事業内容を確認できない場合は、個人事業開廃業届の提出を依頼されることがあるよ

ストアーズ決済の審査基準や落ちない為の対策についてくわしくはこちら>>

\条件達成で決済端末が無料に/

STORES 決済 (旧:Coiney)公式ページはこちら>>

ハンドメイドイベントはペイペイだけ導入するのもアリ

QRコードといえば、PayPayですよね。
ペイペイだけ導入することや、ペイペイもプラスで導入するのがオススメだよ。

・初期費用0円
・QRコードを置くだけでかんたん(スマホやタブレッ、PCがあればOK)
・決済手数料1.98%
・振込手数料月1回0円

申し込みはかんたん3ステップ

・メールアドレス・氏名・電話番号入力
・確認メール受信
・本人確認書類,イベント時の写真やイベント内容がわかる資料

申し込みから約2営業日で審査完了、約1週間後にキットが届くよ。

PayPay公式ページはこちら

まとめ ハンドメイドイベント出店はエアペイが1番オススメだよ

ハンドメイドイベントフリーマーケットイベント出店にオススメなキャッシュレス決済端末代行会社3社をランキング形式で紹介してきたよ。

まとめると、イベント出店に一番オススメなキャッシュレス決済は『エアペイ

理由は、

・キャンペーンでカードリーダーが無料貸与
・シンプルで使いやすいと評判

申し込みの必要書類はだいたい一緒だから、QRコード決済でお客様に人気のPayPayにも申し込みしておくのがオススメだよ。

エアペイのキャンペーンはいつ終わってしまうかわからないので早めのお申し込みがいいよ。

\エアペイのキャンペーンはこちら/

エアペイ公式ページはこちら>>

タイトルとURLをコピーしました