【2社徹底比較】エアペイとステラパックはどっちがオススメ?

AirPAY

キャッシュレス決済の『エアペイ』と『ステラパック』

どう違うの?

どっちのサービスを使うと良いかな?

三井住友銀行とGMOペイメントゲートウェイの『SMBC GMO PAYMENT』が運営している【ステラパック

『リクルートライフスタイル』が運営している【エアペイ

どちらも大手企業が運営しているサービスで心強いけど、どっちのサービスが自分のお店に合っているか、悩んでしまいますよね。

結論から言うと、

【はじめてキャッシュレス決済を導入するお店には『エアペイ』がオススメ】

エアペイは、固定費や振込手数料がかからない、

対応ブランドは業界最多水準36種類解約費用もかからず簡単に解約できちゃいます。

なので、ハードルを下げて始められるよ♪

ステラパック端末が優秀だけど、月額固定費と3年間の契約縛りがあるから初めてだと少しハードルが高いように感じたよ。

ステラパックは2022年6月から『お試しプラン』が出たよ。月額固定費1年間無料、VISAとMastercardの決済手数料が『3.25%』です。※2年目からは自動的に従来のスタンダードプランに移行。

3年間の契約縛りも2022年6月~2023年3月末までに新規で申し込むと解約違約金が免除に。※解約申し出から45日以内に端末返却が必要
ステラパックのお試しプランについてくわしくは別記事をチェックしてね。

エアペイは現在キャンペーン中だから
お得なキャンペーンの間にお申込みしてね♪

エアペイ】は導入費用0円になるキャンペーン中!
ステラパック】は月額固定費が1年間無料になる『お試しプラン』がリリース

\エアペイへお申込み/

エアペイ公式ページ>>

\ステラパックへお申込み/

stera pack公式ページ>>

ここからの記事では【エアペイ】と【ステラパック】それぞれの違いを詳しく紹介していきます♪
比べてみて、お店に合ったキャッシュレス決済を始めてみてね。

エアペイとステラパックを項目ごとにしっかり比較

エアペイとステラパックの違いを項目ごとに詳しくみていくね♪

エアペイステラパック
対応ブランド数
決済手数料
月額固定費
導入費用
振込手数料
入金サイクル
導入期間
解約
必要機器
通信環境
オススメな方に〇をつけているよ

エアペイとステラパックを10項目で比べました。

エアペイの強み


・対応ブランド数
・月額固定費0円
・振込手数料0円(どの銀行でも)
・解約金0円
・導入期間
・通信環境
ステラパックの強み


・決済手数料が安い(VISAとMastercard)※スタンダードプラン
・カードリーダーがオールインワン端末
・導入費用0円

ステラパックは、オールインワン端末なところが嬉しいですが、月額固定費がかかり、
3年間は解約違約金がかかります。
※月額費が1年間無料になる『お試しプラン』ができたので、お試しプランからはじめるのが良いよ。

エアペイは、月額固定費や振込手数料が0円、決済手数料も業界最安水準だから運用コストが少ないです。
解約も解約手数料もなく0円で辞められるから、初めてキャッシュレス決済を導入するお店にはエアペイがオススメです。

\無料キャンペーン中/

エアペイ公式ページはこちら》》

キャンペーンで比較

🌟キャンペーンはエアペイの勝利!

【エアペイ】はiPadと専用カードリーダーが無料のキャンペーン実施中です!

エアペイキャンペーン
エアペイを始めるのに必要な機器
【専用カードリーダー(通常20,167円)】と
【iPad】が無料で貸与されます。

下記のキャンペーンが開催しているよ

【キャッシュレス導入0円スタートキャンペーン】
専用カードリーダーとiPadが無料貸与
期間の定めがなく、いつ終わるかわからないよ

\エアペイキャンペーン申し込み/

エアペイ公式ページはこちら>>

エアペイのキャンペーンについて詳しくは別記事で紹介しているよ。

ステラパック】は2つのお得情報があるよ
①2022年6月からあらたに『お試しプラン』がリリース
月額利用料金3,300円が1年間無料になるプランだよ。
②2022年6月~2023年3月末までに新規でお申込みで途中解約違約金が免除
お試しプランの条件
・新規でのお申込み
・審査通過
・1回のみのお申込み
途中解約違約金の免除の条件
・2022年6月~2023年3月末までにお申込み
・新規でお申込み
・解約申し出から45日以内に決済端末を再利用可能な状態で返却

\ステラパックに申し込み/

stera pack公式ページはこちら>>

ステラパックのキャンペーンやお試しプランについて詳しくは別記事で紹介しているよ。

料金で比較

🌟費用面では『エアペイ』の勝利!

エアペイは、
月額固定費・振込手数料ともに0円!導入費用もキャンペーン利用で0円に抑えることができるよ!

ステラパック
スタンダードプランは月額固定費3300円,振込手数料も三井住友銀行以外なら220円かかってしまいます。

でも、

決済手数料はVISAとマスターカードの決済手数料が2.80%のステラパックが得!
エアペイは3.24%かかってしまいます。

トータル料金はエアペイが安いけど、

決済手数料を考えるとステラパックもアリ♪

クレジットカード払いのお客様が多く1度の決済金額が多いお店はステラパック、以外はエアペイが良さそうです♪

電子マネーを利用する人が多いお店は『ストアーズ決済』がオススメ。電子マネーの決済手数料が1.98%なのでめっちゃ安いです。ストアーズ決済とエアペイを徹底比較した記事もあるから良かったらチェックしてね。

入金サイクル

土日祝の並びにより変化しますのであくまで参考までに

🌟入金サイクルで選ぶなら『ステラパック』が少しだけリード!

ステラパックは最大月6回締めの2営業日後払いです。

エアペイは最大月6回締めの翌5日後払い(三井住友銀行・三菱UFJ銀行・みずほ銀行)
※振込日が土日祝の場合、月末は営業日前倒し、それ以外は営業日後倒しになります。

エアペイの入金サイクル


【三井住友・みずほ・三菱UFJ】
月6回
【その他の銀行】
月3回

【三井住友銀行・三菱UFJ銀行・みずほ銀行】

出典元:エアペイ公式ページ

【その他の銀行】

ステラパックの入金サイクル


・月6回締め2営業日後払い
・月2回締め2営業日後払い
・月2回締め15営業日後払い
引用元:ステラパック公式ページ

入金のサイクルは大事だから、少しでも早いタイミングで入金してもらえるのはありがたいですね。

対応ブランド

🌟対応ブランドの種類はエアペイの大きなメリットでもあるので、こちらは『エアペイ』の勝利!

エアペイの対応ブランド】


・クレジットカード7社
・交通系電子マネー9社
・ID
・QUICPay
・Applepay
・QRコード決済13社(エアペイQRに申込必要)
・ポイント決済4社(エアペイポイントに申込必要)

エアペイは海外決済にも幅広く対応しています。

海外からのお客様が多く来るお店には、エアペイがオススメです。

QRコード決済とポイント決済を利用するには、エアペイに申し込みとは別でエアペイQRやエアペイポイントに申込が必要だよ。同時申込もできるからQRコード決済も申込みが必要なら一緒に申しもう!

ステラパック対応ブランド】


・クレジットカード7社
・QUICPay
・ID
・楽天Edy
・WAON
・nanaco
・交通系電子マネー9社
・QRコード決済9社

ステラパックの対応ブランドも30種類と多くの対応ブランドがあります!

エアペイのようにQRコード決済は別で申し込むような手間もなく、ステラパックに申し込んで審査に通過すれば、様々な決済に対応できるようになるので、とても便利ですね。
エアペイでは導入できない【楽天Edy、nanaco、WAON】など人気の電子マネーに対応できることが魅力です。

30種類を1つの端末で決済できることが良いですね♪操作や管理が簡単なのも嬉しいです。

導入期間

🌟導入期間は『エアペイ』の方が早いです!

エアペイは申込から利用開始まで約2週間
ステラパックは申込から利用開始まで約1ヶ月半かかります。

エアペイ


・申込から審査完了まで最短3日
・カードリーダーやiPad到着まで審査完了から約4日
・利用開始までトータルで約2週間
出典元:エアペイ公式ページ
ステラパック


・申込から審査完了まで約2週間~2ヶ月
・専用端末到着まで申込から約1ヶ月半
・申込から利用開始までトータルで約1ヶ月半
出典元:ステラパック公式ページ

エアペイもステラパックも導入までけっこうな時間がかかってしまっています。

もっと早く導入したいお店は最短翌日で導入可能な『スクエア』がオススメです。

ステラパックとスクエアを比較した記事もあるから良かったらチェックしてね。

最短当日でカード決済導入!スクエア公式ページはこちら>>

カードリーダー・端末で比較

🌟専用カードリーダーについては『ステラパック』がオススメです!

エアペイはiPadかiPhoneと専用カードリーダが必要だけど、
ステラパックは1台の専用端末ですべてのキャッシュレス決済が利用できます。

エアペイ必要端末


・iPadもしくはiPhone(アンドロイド使用不可)
・専用カードリーダー(20,167円キャンペーンで無料貸出)
・必要ならレシートプリンター別途購入

エアペイはモバイル端末なので充電して持ち運びができることがメリットですが、

レシートプリンターが別途必要だったり、専用カードリーダーが故障した場合は購入が必要です。
アンドロイド端末が利用できず、iPadもしくはiPhoneがいるけどキャンペーンで今なら無料でずっと貸してもらえるよ。

ステラパック必要端末


・オールインワン端末で1台ですべて完結
・レシートプリンター内臓
・タッチペン付属
・ロール紙無料

ステラパックの最大のメリットであるオールインワン端末!
すべてこの1台で完結するので、様々なキャッシュレスに対応したいけど操作や管理が大変っていうお店にはピッタリ!

操作も直観的で簡単と評判なので、1台だけしっかりと覚えたらOKで助かります。
レシートプリンターが内臓されていて、ロール紙も無料なので月額料金も納得せざるを得ないですね。

ちなみに、端末の故障で修理や交換も基本無償でやってもらえるので安心だよ♪
ただ、端末の持ち運びができないので注意。

通信環境

🌟通信環境はさすがのモバイル端末!で『エアペイ』の勝利です♪
エアペイは様々な通信環境で利用できるよ。

エアペイの通信環境】


・4G,LTE,Wi-Fiなど様々なインターネット回線で利用OK
・推奨は固定回線のWi-Fi環境

エアペイはネット環境も色々と利用できて、持ち運びもできるからイベント出店にも対応できて便利です。
キャンペーンで無料なiPadもWi-Fiモデルだからキャンペーンを利用する場合はWi-Fiを準備する必要があるよ。

ステラパックの通信環境】


・光回線のみ
・推奨は有線LAN
・Wi-Fiは条件次第で利用可能

ステラパックはLTEルーター,ケーブルTV,ADSLなどは利用できず光回線一択になります。

Wi-Fi利用には条件があるから注意してね。条件は下記の通り

  1. Wi-Fiルーターからの距離は1m以上20m以内
  2. Wi-Fiルーターと端末は同一部屋内
  3. 端末のWi-Fiアンテナバー表示が100%
  4. 5GHZWi-Fiルーターを使用

条件をクリアしても接続しにくい場合があるので、有線LANを推奨しているよ。

オプション機能

🌟エアペイとエアレジは連携できるので、エアレジを導入しているお店は『エアペイ』がオススメ!
でも、エアレジを利用していなくてこれから利用予定もない場合は『ステラパック』がオススメだよ。

エアペイ


・エアレジ連携でPOSレジが利用できる

エアレジではレジ機能から売上管理・顧客管理・分析までできるよ。
エアレジの費用は必要機器のみ(キャッシュドロア・バーコードリーダー・レシートプリンター)
初期費用・月額利用料無料なのにサポート体制は万全です。

ステラパック


専用端末にすでに『おみせポケット』がついている

『おみせポケット』とは集客・販促アプリで様々な機能が使えるよ

  1. デジタル会員証
  2. クーポンの配布
  3. スタンプカード発行
  4. 顧客管理

顧客の属性に合わせて個別配信が自動で設定できるよ♪
あらかじめ専用端末に入っている機能がから利用料金は無料!
お客様とのコミュニケーションツールとして利用できるから嬉しいですね。

追加料金はかかるけど、POSレジアプリもダウンロードして利用可能だよ。

それぞれオススメなお店

【エアペイがオススメなお店】

・運用費用を安くしたい
・より多くの決済ブランドに対応させたい
・海外のお客様が多い
・持ち運びができるようにしたい

対応ブランドが36種類もあるエアペイ。
様々な決済ブランドが利用できるようにしたい場合はエアペイがオススメです♪

モバイル端末で持ち運びにも便利!
イベント出店があるお店や、お客様の座席でお会計をするお店にも持ち運べるエアペイがオススメ。

エアペイ公式ページはこちら>>

【ステラパックがオススメなお店】

・操作は簡単で1台の端末で完結させたい
・なによりもセキュリティーに命かけています
・クレジットカードの決済手数料をとにかく安く!
・集客,販促ツールをお得に使いたい

ステラパックの強みはVISAとMastercardの決済手数料が2.8%とかなり安いところです♪
月額固定費はかかるけど、便利なオールインワン端末でクレジットカードの決済手数料を安くしたいお店にはピッタリです。

また、ステラパックの端末は、1台の端末だけですべての決済に対応できます。
この端末の操作だけ覚えると、レシート印刷から集客アプリまで使える万能端末♪
故障や修理も基本的に無償でしてもらえるので安心です。

stera pack公式ページはこちら>>

エアペイとステラパックの評判は?

エアペイとステラパックのそれぞれの評判とメリットとデメリットを比べたよ♪

エアペイ


・キャッシュレス決済対応のお店とすぐに認知してもらえる
・使いやすい
・運用費が決済手数料のみ
エアペイはCMなどでの知名度がやっぱりすごい!
お店にエアペイのロゴがあるだけでキャッシュレス対応しているお店だと一目瞭然♪
クレジットカードやQRコード決済ができるお店なんだとすぐに判断してもらえます。
ステラパック


・SMBCのブランドで安定感がある
・1台で完結
・使いやすい

SMBCが運営元であることで、セキュリティー面での安心感はすごいですね。

専用端末のステラターミナル1台だけで様々なキャッシュレス決済に対応できるので、機械が苦手な方も使いこなしやすいです♪

それぞれの良い評判と悪い評判も

チェックしたいね♪

良い評判

エアペイ良い評判

・「エアペイ」始めました!というだけで分かってもらえる
・エアレジとエアペイはやっぱり使いやすい
・運用費が少なく抑えられる

ステラパック良い評判

・1台の端末で対応できる(場所がとらない,管理が簡単)
・操作が簡単
・決済手数料が安い!

悪い評判

エアペイ悪い評判

・エステ業界や月額制などのお店は審査に通りにくい
・iPadもしくはiPhoneが必要

エアペイは審査に通りにくく、審査に通らなかったお店も見かけます。

モバイル端末ですが、アンドロイド端末は使用できず導入するにはIOSのiPadもしくはiPhoneが必要です。

エアペイ公式ページはこちら>>

ステラパック悪い評判

・月額利用料がかかる
・3年の契約縛りがある

ステラパックのスタンダードプランは月額利用料金が3300円かかります。

その分決済手数料が安く、端末の故障で修理や交換も基本的に無料♪
あたらしく月額が1年無料になる『お試しプラン』ができたので、お試しプランからはじめるのもアリだよ。

3年の契約縛りがあり、3年以内の解約には違約金がかかるよ。
違約金は以下の通りです。

利用期間違約金(端末1台につき)
申込~13ヶ月目88,000円
14~25ヶ月目66,000円
26~38ヶ月目44,000円
2022年6月~2023年3月末までに新規でお申込みされた方&解約時に決済端末を返却で
途中の解約違約金が免除になるよ!

3年縛りが不安な方は2022年6月から2023年3月末までのお申込みがいいよ

stera pack公式ページはこちら>>

メリット

エアペイとステラパックのメリット比較を箇条書きで紹介していくね!

エアペイは運用コストが

すばらしい!そして持ち運び可能!
ステラパックはセキュリティー面の
安心と端末が魅力的!

エアペイメリット


・対応ブランド数が業界最多水準
・決済手数料が業界最安水準
・エアレジとの連携ができる
・知名度が高い
・入金サイクルが多い
・振込手数料が無料
・月額固定費が無料
・解約が簡単
・モバイル端末で持ち運び可能
ステラパックのメリット


・三井住友銀行とGMOペイメントゲートウェイの豊富なセキュリティー対策がある
・VISAとMastercardの決済手数料が安い
・1台の端末で完結
・直観的に操作可能
・レシートプリンターが内臓
・ロール紙無料交換
・集客販促アプリが搭載
・端末修理交換が無料

デメリット

それぞれのデメリットを箇条書きで紹介していくね♪

エアペイのデメリット


・審査に通りにくい
・iPadもしくはiPhoneが必要
・レシートプリンターが必要なら別途購入
ステラパックのデメリット


・月額固定費がかかる
・3年契約縛りがある
・光回線が必須
・Wi-Fiよりも有線推奨
・端末持ち運び不可

エアペイとステラパックで共通したデメリットを紹介します。

エステなどのコース料金払い(3ヵ月コースなど),回数券払いなどは利用できない
ということです。

エステなどの場合は、審査にも通りにくいので、
このような料金体制でも審査に通りやすい、『スクエア』がオススメです。

スクエアは月額固定費無料・振込手数料無料・アカウント登録無料で
審査スピードもかなり速いのでチェックしてみてね。

最短当日でカード決済導入!スクエア公式ページはこちら>>

 

 

エアペイとステラパックの情報を一覧で見る

【エアペイ】と【ステラパック】の基本情報ひと目でわかる一覧にしたよ♪

エアペイステラパック
対応ブランド数
決済手数料
月額固定費
導入費用
振込手数料
入金サイクル
導入期間
解約
必要機器
通信環境
オススメな方に〇をつけているよ

ひと目でわかるエアペイの基本情報

リクルートライフスタイルが運営する【エアペイ】の対応可能な決済ブランドは36種類。

iPadもしくはiPhoneと専用カードリーダーがあれば利用できるよ♪

現在専用カードリーダーが無料になるキャンペーン中だから、0円で始められちゃいます。

導入してからかかる料金は、『決済手数料』のみ、他は費用がかかるのでめちゃくちゃ助かります。

  • 振込手数料無料
  • 月額固定費無料
  • 決済手数料業界最安水準(3.24%~3.74%)

入金サイクルは月3回~月6回とまずまずです。

電話サポートが年中無休で9時半~23時まで受け付けているので安心

そして何よりモバイル端末で持ち運んで使用することができることも魅力です!

持ち運べて使えるのは
嬉しい!

\iPadとカードリーダー無料/

エアペイ公式ページはこちら>>

ひと目でわかるステラパックの基本情報

決済手数料 入金サイクル 対応ブランド 導入期間
【スタンダードプラン】
2.80%~3.74%
【お試しプラン】
3.25%~3.74%
月2回~6回30種類約1.5ヶ月
導入費用月額固定費振込手数料
0円【スタンダードプラン】
3,300円
【お試しプラン】
1年間無料
三井住友銀行0円
その他 220円

ステラパックは三井住友銀行とGMOペイメントゲートウェイが協同で創立した『SMBC GMO PAYMENT』が運営しているサービスです。

三井住友銀行とGMOペイメントゲートウェイの培ってきたセキュリティー対策があり、安心して利用できることが強みです♪

スタンダードプランは3300円の月額利用料がかかって3年契約縛りがありますが、

・初期導入費が無料
・VISAとMastercardの決済手数料が2.8%でめっちゃ安い
・端末1台ですべて完結(レシートプリンターも内蔵)

さらに集客・販促ツールのお店ポケットが標準搭載しているので無料で使えるよ♪

三井住友銀行の口座を利用していて、1台の端末で色んなことができるからシンプルにキャッシュレス決済を導入したいお店にピッタリです。

月額費が1年間無料のお試しプランができたから、オススメだよ。
※お試しプランはVISAとMastercardの決済手数料が『3.25%』

\オールインワン端末/

stera pack公式ページはこちら>>

まとめ

エアペイとステラパックを徹底比較してきました!

結論は、

月額固定費が無料で簡単に解約もできることから『エアペイ』がオススメだよ。
今なら専用カードリーダ無料になるキャンペーン中だから導入費用もかからないので、
キャッシュレス決済を始めるにはピッタリです♪

\無料キャンペーン中/

エアペイ公式ページはこちら>>

3年以上キャッシュレス決済を続ける予定で、月額固定費がかかっても良いから1台の端末で完結させたいお店は『ステラパック』もアリだよ。

\オールインワン端末/

stera pack公式ページ>>

導入期間をとにかく早くしたいお店や回数券払いやエステなどの〇ヶ月コース料金などの料金体制のお店は『スクエア』がオススメです♪

最短当日でカード決済導入!スクエア公式ページはこちら>>

タイトルとURLをコピーしました