エアペイとスクエア【個人】ならどっち?比較してわかった3つのこと!

AirPAY

キャッシュレス決済を導入したいけど、

エアペイとスクエアどっちも気になる・・・

個人で運営しているお店にはどっちがオススメ?

エアペイとスクエアどっちが良いかな?と悩みますよね。
今回は2社を徹底的に比較しました!

結果、『3つ』のことが分かったよ。

①『エアペイ』がオススメ
②オンライン決済を使いたい,回数券払いがしたい場合はスクエア
③併用も可能

個人のお店は導入リスクが少なく認知度の高い『エアペイ』がオススメだよ。

エアペイスクエアよりも対応ブランドが多く、決済手数料も安いです。
キャンペーンでiPadと専用カードリーダーが無料なので、個人のお店でもリスクなく始められるよ。

スクエアは、はじめる為に端末を購入すること、決済手数料がやや高いこと、何かトラブルがあった時に電話でお問い合わせできる時間が短いので、安心して導入できるのはエアペイだと感じたよ。

でも、スクエアオンライン決済に対応できて、エステなど審査に落ちやすい業界でも審査に通りやすいと評判
審査は最短即日でスピーディー、入金サイクルも最短翌日で早いです。
トラブル時もある程度自分で調べて解決できる方は、スクエアもアリだよ。

\無料キャンペーン中/

エアペイ公式ページはこちら>>

\オンライン決済対応/

スクエア公式ページはこちら>>

スクエアとエアペイを比較してわかった3つのこと

オススメはエアペイだよ。
8項目で比較、オススメな方に〇をつけた表も参考にしてね。

エアペイスクエア
対応ブランド数
決済手数料
オプション
導入費用
入金サイクル
導入期間
必要機器
通信環境
オススメな方に〇をつけてるよ

エアペイとスクエアを比較して3つのことがわかったよ。

①サポートも充実していて、導入費0円、決済手数料も安いエアペイ』がオススメ
②オンライン決済を使いたい,回数券払い・料金のまとめ先払いがしたい場合はスクエア
③併用もあり

エアペイもスクエアも解約料や違約金はないからすぐに辞めれるよ♪

では、1つずつ詳しくみていくね。

エアペイがオススメ

エアペイをオススメする理由は3つあります。

①導入・運用コストが安くはじめやすい
②サポート体制が充実
③認知度が高く安心してもらえる

個人でお店をしていると、導入費用や決済手数料はなるべく抑えたいですよね。

エアペイは認知度が高く、サポートも充実しているの決済手数料はスクエアよりも安いです。
また、はじめる為に必要な、専用カードリーダーとiPadもキャンペーン利用で無料になるよ。

何かトラブルがあった時も、電話でのヘルプデスクはエアペイの方が対応時間が長く、安心できます。

料金で比較

エアペイ決済手数料、導入費ともにスクエアより安いです。

エアペイもスクエアも

・月額固定費無料
・振込手数料無料
・解約料や違約金なし

なので、大きな違いは運用コストである『決済手数料』です。

エアペイの決済手数料

出典元:エアペイ公式ページ

VISA・Mastercard・Americanexpressや交通系電子マネーが

『3.24%』

その他は
『3.27%』です。

スクエアの決済手数料

クレジットカードと交通系電子マネー、PayPayの決済手数料が

『3.25%』

ID・QUICPayは
『3.75%』

JCBのクレジットカードは

『3.95%』

です。

エアペイの方が決済手数料を安く抑えられます。

さらに、導入費で比較してもエアペイの方がお得に始められます!

エアペイもスクエアも専用端末があります。
スクエアは端末を購入になるのですが、

エアペイは現在キャンペーン中!
専用カードリーダーとiPadが無料になるのでめちゃめちゃお得です♪

エアペイのキャンペーンについて詳しくは別記事で紹介してるよ。

キャッシュレス決済を導入していく流れだし、導入したいけど毎回の決済手数料は課題ですよね。決済手数料や導入費を少しでも安く抑えるためには『エアペイ』がオススメ

\無料キャンペーン中/

エアペイ公式ページはこちら>>

スクエアはモバイル端末の『スクエアリーダー』が今だけクーポン利用で37%OFF
通常7980円が4980円で購入できるからクーポンを利用してはじめるのが1番お得だよ。

スクエアの最新キャンペーンとクーポンについてくわしくは別記事をみてね。

\無料アカウント登録/

スクエア公式ページはこちら>>

サポート体制で比較

サポート体制でもエアペイが充実しているよ。

エアペイのサポート体制


・電話はフリーダイヤルで9時半~23時(年中無休で対応)
・チャットでのお問い合わせも9時半~20時まで対応
・メールでお問い合わせ
スクエアのサポート体制


・電話はフリーダイヤルで10時から18時(臨時休業・年末年始を除く)
・メールで問い合わせ
・square加盟店コミュニティーで質問

個人でお店をしていて、何かトラブルがあると大変ですよね。

エアペイは、電話対応の時間も長く、電話が苦手な場合はチャットでも対応してもらえて安心

スクエアは、電話対応の時間が短く、基本的に案内記事を自分で探したり、加盟店同士のコミュニティーで質問したりなど、自分で解決する印象でした。

認知度で比較

「じゃあ、いいです~」のCMで多くの方が知っている「エアペイ」はお客様に安心して利用してもらえます。
個人のお店は信用がとても大事になるので、認知度の高いエアペイはそれだけで、お客様に安心して利用してもらえるので有利だよ。

スクエアは、まだ知られていないことが多いので、敏感なお客様には「あまり見かけないけど、大丈夫?」と思われてしまうことも。。
なので、世間によく知られているエアペイが良いよ♪

オンライン決済・継続役務提供ならスクエア

・オンライン決済を取り入れたい
・ネットショップを開きたい
・回数券払いをしたい

などのお店は、スクエアがオススメ!

・継続的役務提供が条件付きでOK
・オンライン決済やネットショップを無料で使える

継続的役務の条件について

【継続的役務について】
コース・回数券等を数か月にわたって
継続的にサービスを提供することだよ。

エアペイは、回数券や前払いの「○ヶ月○○円」のようなコース料金のサービスを禁止しています。
だからエステ業界などは審査に通りにくいと言われてるよ。

スクエアは、『継続役務提供は条件の範囲内ならOK』だから審査にも通りやすい♪
ただし、条件があるから気を付けてね。

業種やサービスの価格・期間によっては、利用できないカードブランドがあるよ。

注意が必要な業種を一部紹介します。

エステティック業種語学教室家庭教師
パソコン教室結婚相手紹介サービス学習塾
整体治療院スポーツジム
継続的役務で気を付ける業種

[エステティック業界]での利用可能範囲はこちら。

引用元:スクエア公式ページ

[語学教室・家庭教師・パソコン教室・学習塾・結婚相手紹介サービス]での利用可能範囲はこちら

引用元:スクエア公式ページ

[整体・治療院・スポーツジム]などの利用可能範囲はこちら

引用元:スクエア公式ページ

電子マネーでも特定商取引法が適用されるよ。
電子マネーIDでは、継続的役務を禁止しているから利用できないよ。

これらに違反した場合は、振込金の保留またはスクエアアカウントの利用停止になる場合があるから、注意してね。

スクエアでは、以下のカード決済も禁止しているよ。

・訪問販売・電話勧誘販売・連鎖販売取引・業務提供誘引販売取引・訪問購入

サービス料金や期間が、利用範囲ないならキャッシュレス決済を利用できるので、今まであきらめていた方でも申し込んでみてね。

オンライン決済に対応

スクエアは、『オンライン決済』にも対応しているよ。
ネットショップ』などのECサイトも無料で作れるから、
オンライン決済がしたい、ネットショップを開きたい場合はスクエアが良いよ。

・オンライン請求書(支払いもオンライン)
・リンク決済で簡単オンライン決済(メールやSNSやHPで可能)

オンライン決済は最短当日から利用可能、固定費無料!アカウント登録も無料!
かかる費用は決済手数料だけだから始めやすいよ。

入金サイクルが最短翌日で導入までの期間も早いので、

『入金サイクルが早い方が良い』場合や『とにかく早くキャッシュレスを導入したいお店』にはスクエアがオススメです。

スクエア公式ページはこちら>>

併用もあり

エアペイとスクエア、併用するのもありです!

というのも、

「エアペイのカードリーダーが不具合を起こしてしまった時にスクエアを出して対応する」

「オンライン決済はスクエアで対応する」

「とにかく早く導入したいから、とりあえずスクエアに申込する」

など、『予備で持つ・機能を使うために併用・早く導入したいから申し込む』という理由から併用をするお店がたくさんいるよ。

エアペイのカードリーダー2台目は
20,167円購入費がかかるし、

スクエアの7,980円の方が安いもんね!(しかも今ならお得なクーポンあり)
予備持ちでもアリかな。


※併用する場合、エアペイをメインに使ってスクエアを予備にしてね。

なぜなら、エアペイを予備として使ってること(常時レジに置いていないこと)が知られてしまうと、専用カードリーダーを無料で借りていた場合にカードリーダー代を請求されてしまいます。

スクエアは予備持ちもOKで、エアペイのPOSレジ機能とも連携できるようになってるから、スクエアを予備にするのが安全だよ。

エアペイもスクエアも
申込・解約ともに無料、固定費もかからないから必要ないと判断した時点で
解約することができるし、スクエアは必要な時だけ利用でOK


申込の必要書類もいっきに提出できるから同時にお申込みしちゃうのが早いよ♪

\無料キャンペーン中/

エアペイ公式ページはこちら>>

\無料でアカウント登録/

スクエア公式ページはこちら>>

スクエアとエアペイの違いを項目ごとに比較

エアペイがオススメってことは

わかったけど、もっと詳しく違いが知りたい!

『エアペイ』と『スクエア』の違いを項目ごとに比較してまとめたよ。

エアペイスクエア
対応ブランド数
決済手数料
オプション
導入費用
入金サイクル
導入期間
必要機器
通信環境
オススメな方に〇をつけてるよ

『エアペイ』は前の項目でも紹介したけど「決済手数料」「初期導入費用」が安いので費用面を安くおさえることができるよ。

個人でお店をしていると、手数料たぐいのものは本当に安くしたいから「エアペイ」をオススメしているよ。
スクエアより優れている点を箇条書きでまとめると、

・決済手数料が安い
・初期費用なし(専用カードリーダーが無料)
・対応ブランド数が多い(中国圏の決済に対応)
・3G,4G,LTE,Wi-Fiなど利用できる通信環境が多い

『スクエア』は「オンライン決済ができる」「継続役務提供が禁止ではない」という点でエアペイではそもそも利用できないことがあるから、その場合はスクエアを利用してね。

エアペイより優れている点をまとめたよ

・オンライン決済が利用できる
・審査,導入期間が早い
・入金サイクルが早い
・POSレジ,ECサイト作成,他社連携などオプションがたくさん

対応ブランド

対応ブランド数は『エアペイの勝利』
スクエアでは対応していない、PayPay以外のQRコード決済やポイントに対応しているからブランド数も多くなっています。

※QRコード決済にはAirペイQRに別途申込必要で、ポイントもAirペイポイントに申込が必要です。エアペイはQRコード決済とポイント決済を抜いた一覧表で比べました。

エアペイの対応ブランド

クレジットカード電子マネー
VISAKitaca
MastercardSuica
AmericanexpressPASMO
JCBToica
Discovermanaca
DinersClubICOCA
UnionPaySUGOCA
nimoca
はやかけん
Applepay
ID
QUICPay

スクエアの対応ブランド

クレジットカード電子マネーQRコード決済
VISAKitacaPayPay
Mastercard Suica
Americanexpress PASMO
JCB Toica
Discover manaca
DinersClub ICOCA
SUGOCA
nimoca
はやかけん
Applepay
ID
QUICPay

QRコード決済を抜いたら、対応ブランドはほぼ同じでした。

違いは、エアペイが中国圏のクレジットカード「UnivaPay」に対応しているという1点だけ。

海外からの来客が見込めるお店はエアペイが1歩リード、
スクエアはQRコード決済はPayPayのみの対応なのが少し残念な点ですね。

入金サイクル

エアペイ,スクエアともに振込手数料は無料だよ♪

入金サイクルはスクエアがめちゃくちゃ早いです!

エアペイが最大月6回に対し、スクエアは翌日入金

スクエアは、【三井住友・みずほ銀行】だと決済日の翌営業日に振り込まれるよ。
【その他の銀行】だと、毎週水曜日締めで週の金曜日に振り込まれるよ。なのでだいたい月4回です。

※銀行が休みの場合は翌営業日に振込になるよ。

出典元:スクエア公式ページ
出典元:スクエア公式ページ

エアペイは、【三菱UFJ・三井住友・みずほ銀行】だと月6回の振込。
【その他の銀行】だと、月3回の振込になるよ。

出典元:エアペイ公式ページ
出典元:エアペイ公式ページ

※銀行が休みの場合、月末は営業日前倒しで振込、その他は営業日後倒しになるよ。

導入期間

導入期間は、スクエアがめちゃめちゃ早いです!

エアペイの審査が最短3日のところ、スクエア最短当日で審査結果が出ます。
審査に必要な書類提出も申込の時には特に必要ありません。(あとで書類提出を求められる場合があります)
なので、審査がめちゃめちゃ早いんですね。

最短即日で審査結果


VISA・Mastercard・Americanexpress


その他も2日~6日で審査結果が出ます。

専用カードリーダー到着も注文から2日~5日ほどで届くので、設定を済ませたらお店で利用することができちゃいます♪
※1週間ほどかかる場合もあります。

スクエアの審査基準や期間についてくわしくは別記事をチェックしてね。

出典元:スクエアヘルプセンター

\最短当日でカード決済可能/

スクエア公式ページはこちら>>

エアペイは、

申し込みから最短3日で審査が完了します。

最短3日で審査結果


VISA・Mastercard・UnionPay


その後専用カードリーダーは最短2日から4日、カードリーダー配送後1週間後から決済利用可能になります。

出典元:エアペイ公式ページ

エアペイの審査期間について詳しくは別記事で紹介しているからチェックしてみてね。

エアペイの審査も最短3日で早いですがスクエアは脅威の早さですね。

エアペイ公式ページはこちら>>

必要機器

エアペイは

専用カードリーダー(費用20,167円→キャンペーンで無料)
iPadもしくはiPhone
必要ならレシートプリンター

があればOKです。

スクエアは端末の種類が2種類あり、選ぶ端末で必要機器が違うよ。

【スクエアターミナル】
オールインワン端末なのでこれ1台でOK
※レシートプリンターも内蔵
費用46,980円

キャッシュドロア、外部のレシートプリンター、バーコードスキャナーと接続する為にはスクエアターミナル専用のハブを購入してね。

【スクエアリーダー】
お持ちのタブレットかスマホ
必要ならレシートプリンター
費用7,980円

通信環境

通信環境についてはエアペイもスクエアも

・4G
・LTE
・Wi-Fi

などのインターネット回線が使用できるよ。

スクエアはMVNO携帯電話回線での利用はできないので注意(格安携帯のインターネット回線)

オプション

オプションについてはスクエアの勝利!

スクエアではオンライン決済やネットショップが無料で使えるよ。費用は支払いがあった時の決済手数料だけ。

POSレジ機能も無料で利用できるよ。

オンライン販売をしているお店は店頭販売とオンライン販売を一緒に管理できるから便利です

エアペイは、エアレジと連携させることでPOSレジ機能を無料で利用できるよ。
エアレジはiPadもしくはiPhoneがあればアプリをダウンロードするだけで使えるので、便利だよ。

評判

エアペイとスクエアの評判を比較しました。

エアペイは対応ブランド数が多く、キャンペーンで専用カードリーダーも無料なので
やはり導入されているお店も多いです。

スクエアは見た目がシンプルでスタイリッシュなことから、お店の雰囲気を大事にしている美容室さんやオシャレなカフェなどにも人気です。

・エアペイとエアレジは使いやすい
・対応ブランドが多い

スクエアの評判は

・カードリーダーの見た目がスタイリッシュ
・導入までのスピードが早い

スクエアとエアペイ向いているお店は?

スクエアとエアペイを項目ごとに比較してきました。その上でエアペイに向いているお店、スクエアに向いているお店はどんなお店なのか、まとめました♪

【エアペイが向いているお店】

・初期費用を安く導入したい
・海外のお客様にも対応したい
・QR決済にも対応していきたい
【スクエアが向いているお店】
・店内の雰囲気を大事にしていてカードリーダーの見た目にこだわりたい
・オンライン決済に対応したい
・入金サイクルをとにかく早くしたい
・予備として持っておきたい

費用をおさえて、対応ブランド数にこだわる場合はエアペイがオススメだよ。

スクエアはオンライン決済やエアペイのPOSレジとも連携できるから予備として持っていてOK!

アカウント作成は無料で、月額固定費もかからないから両方申し込みしてみるのもアリです!

一気にやっちゃうと手間が

省けて良いね!

まとめ

エアペイとスクエアを比較してわかったこと3つをまとめたよ。

①個人でお店をするなら『エアペイ』がオススメ!

理由は、

・決済手数料が安い,導入費が0円でリスクなく始められる
・サポート体制が充実している
・認知度が高い

②オンライン決済を使いたい場合や、継続役務提供の場合はスクエア!
・とにかく早く導入したい
・入金サイクルはとにかく早く
という場合もスクエアがアリだよ。

③併用で使用するのもアリ
スクエアはエアレジと連携できたり、予備として利用しているお店も少なくないよ。
スクエアは無料アカウント登録ができてオンライン決済もできるから、とりあえず申し込みもありです。

\無料キャンペーン中/

エアペイ公式ページはこちら>>

\最短当日カード決済可能/

スクエア公式ページはこちら>>

タイトルとURLをコピーしました