キャッシュレス決済はAirPAY(エアペイ)カードリーダーを徹底解説!!

AirPAY

こんにちは(#^^#)
クレジットカード、電子マネー・QRコード決済・ポイント決済など、あらゆるキャッシュレス決済が可能になるお店の決済サービスといえば、リクルートライフスタイルが運営する『エアペイ』ですよね。

エアペイは現在キャンペーン中で通常20,167円する専用カードリーダーが無料です!

専用カードリーダが無料ってめっちゃお得!

でもどんなカードリーダーなの?
詳しく知りたい。


お店で実際に使うカードリーダー、使いやすさや保証期間など気になりますよね。
エアペイのカードリーダー保証期間は半年!使いやすいと評判です♪

専用カードリーダーについて

 


・クレジットカード,電子マネー,IDやQUICPay,Applepayなど19社に対応
・磁器/ICチップ/非接触ICカードに対応可能
・iPadもしくはiPhoneとBluetoothで接続する
・充電式
・レシートプリンターは別で必要

初期費用を0円にするためにも、専用カードリーダーが無料のキャンペーン中にお申込みしてね。

エアペイのキャンペーンについて詳しくは別記事で紹介しているので良かったらチェックしてください。

\無料キャンペーン中/

エアペイ公式ページはこちら>>

ここからの記事では、専用カードリーダーについて、
不具合時の対応から修理・交換対応まで詳しく紹介していくよ。

AirPAY専用カードリーダー基本情報

ピンク色の〇で囲っているのがAirPAY専用カードリーダーです

エアペイのカードリーダー、見た目はシンプルです。

専用カードリーダーとiPadもしくはiPhoneさえあれば主要クレジットカード決済、交通系電子マネー、ID、QUICPayなどの決済に対応できます。

・接続方式はiPhoneもしくはiPadとBluetoothで接続ⅴ4,0/BLE
・磁器/ICチップ/非接触ICカード対応
・充電式で持ち運び可能
・クレジットカード,電子マネー19社に対応

通常は購入で20,167円(税込)ですが、現在はキャンペーン中で無料で貸してもらえます。
半年間は保証期間内なので、不具合の時は修理・交換してもらえます。

対応ブランド紹介

クレジットカード・電子マネーで19社のキャッシュレス決済に対応できます。

※注意事項
①「交通系電子マネー(Suicaのみ)」「ID」「QUICPay」に申し込みされた方は「applepay」の支払いも対応可能になります。
②PiTaPaは利用できないません。

エアペイのカードリーダーの費用は?

エアペイの専用カードリーダーは通常1台20167円(税込)です。
今なら、専用カードリーダーの貸与料金が0円になるというキャンペーン実施中です
専用カードリーダーがあれば、お持ちのiPhoneやiPadにAirペイアプリをダウンロード(無料)すれば、さっそくご利用を開始できるようになっているのです!!

キャンペーン適用条件や注意事項

スタート0円キャンペーンには、やはり適用条件と注意事項があるのでしっかりチェックしておきましょう☆

キャンペーン適用条件

  • AirPAY利用開始には審査に通過する必要があり、申し込み月から6ヶ月後の月末までに審査に通過していることが必要です。
  • AirPAYを新規に申し込みの場合に限ります。(一旦解約して再度申し込みの場合は基本的に対象外になります)
  • 加盟店様には別途ご紹介キャンペーンがあります☆
    Airペイご紹介で紹介された方も紹介した方も3,000円のプレゼントがあります(#^^#)ちなみに紹介する店舗は何店舗でもOK☆紹介した分だけ毎回3,000円もらえちゃうとのことです( *´艸`)

注意事項

  • 新規申し込み時に専用カードリーダーを複数台申し込んだ場合でも、1台のみ0円になり、2台目からは貸与料金が1台あたり18,334円(税別)かかってきます。
  • カードリーダーの保証期間は、カードリーダー到着月を含む6ヶ月間です。これを過ぎるとカードリーダーの故障による交換に18,334円(税別)がかかってきます。
  • こちらの0円スタートキャンペーンは予告なく突然変更または終了する場合があります。
  • 専用カードリーダーは貸与であって、解約時には返却することになっております。

決済手数料や月額固定費、振込手数料は?

さて、キャッシュレス決済といえば気になるのは決済手数料です!決済手数料とは、お客様がキャッシュレス決済を行った際に店舗側がクレジットカード会社などに払わなければならない手数料のことです。
これが地味に店舗側にとって痛い出費になってくるのですが、AirPAYではこちらの決済手数料が業界最安水準となっております!!

AirPAY公式HP引用

お店の規模や業種は問わず、月額固定費は0円!!です。
振込手数料もすべての銀行で0円!!です!!新たに口座を開設する必要はありません。これは助かりますね☆(#^^#)
※残念ながらゆうちょは取り扱いがないので、注意が必要です!
※振込手数料は無料で振込回数は月6回か月3回(月6回はみずほ銀行、三菱UFJ銀行、三井住友銀行です。その他の金融機関は月3回になります)

実際導入して必要になる料金は?

実際に導入にかかる金額といえば、iPadもしくはiPhoneを持っていない場合のiPad端末やiPhone端末料金、決済手数料、レシートプリンターが必要な場合はレシートプリンター、レシートプリンターのロール紙の料金が掛かってきます。

  • iPadやiPhone端末料金(持ってる場合は購入の必要はありません。お持ちの端末がご利用可能です)
    ※Airペイアプリの動作環境はiOS13以上で対応OSはiOSのみです!
    ※通信できる環境が必要!携帯電話回線の4GやフリーWi-Fi(公衆無線LAN)は利用できないようになっています。
  • 決済手数料は3.24%か3.74%
  • レシートプリンターについては、AirPAYの公式HPのプリンター購入画面に飛べる専用ページが用意されております。
    そこに載っているレシートプリンター料金をご紹介します。

    40,590円(税込)~54,780円(税込)

    ※独自に購入する場合ですが、AirPAY対応のレシートプリンターはBluetoothインターフェースタイプ対応可能な機種のみ対応しており、購入の際には対応の型番を確認した方がいいとのことです!

  • レシートプリンター対応レシートロール紙

    だいたい20巻入り価格で3,465円~3,520円(税込)
    ※対応プリンターや紙幅などによって値段は変わります。

AirPAY専用カードリーダーの追加や交換について

専用カードリーダーを追加で必要な場合の価格は、18,334円(税別)です。
専用カードリーダーの故障による交換は、カードリーダー到着月を含む6ヶ月間は保証期間内になる為無料で対応可能ですが、過ぎてしまうとやはり18,334円(税別)掛かります。

AirPAY専用カードリーダーのトラブル時のお問い合わせ方法は?対応はどう?

AirPAY公式HPより初期設定・操作マニュアルもダウンロード可能で、普段の業務で操作に困った際も活用いただけます☆
さらに「よくある質問」ページもとても見やすく作りこまれております。さすがリクルート!といったところでしょうか。
カードリーダー受け取り後の手順からエラー・やトラブルまですぐに調べられるようになっているので安心です☆
それでもわからない場合はヘルプデスクが設置されており、年中無休で9:30から20:00まで対応してもらえます!!
チャットは嫌だという方でも、メールでの問い合わせも可能ですのでご安心ください☆

導入にお悩みの場合は、メールでの導入相談や電話での導入相談、最新版資料も無料でダウンロードできるようになっておりますので、是非気になる場合はチェックしてみてください(#^^#)

まとめ

今回はAirPAYの専用カードリーダーについて徹底解説していきました。
AirPAYでは、専用カードリーダーが0円でiPhoneもしくはiPadさえあれば導入可能ということが手軽でとても良いですね☆
レシートプリンターや通信環境など追加で用意するものは店舗によってはありそうですが、0円スタートキャンペーン中はとてもお得に導入できそうです(^^♪

キャッシュレス決済!まだまだこれからの導入でも遅くありません☆この機会にいかがでしょうか(#^^#)

\無料キャンペーン中/

エアペイ公式ページはこちら>>

タイトルとURLをコピーしました