エアレジとスマレジどっちが良い!?POSレジ2社の違いを徹底比較

スマレジ

お店のPOSレジは

エアペイスマレジどっちが良い?

エアレジスマレジ、どちらも人気で悩むけど、スマレジ』がオススメだよ。

スマレジ』は、料金プランが5段階と豊富で、どんな業種でも使いやすいです。
契約プランは縛りがなく、簡単に変更や解約もできるから、時代の変化やお店の変化に合わせて柔軟に対応できるスマレジが良いよ。

エアレジは、無料プランのみで特に飲食業界に使いやすい印象です。キャッシュレス決済の「エアペイ」を導入しているお店は、エアレジ一択だよ。

スマレジも無料プランがあり、エアレジも無料だから気軽にはじめてみてね。

\まずは無料で資料ダウンロード/

【スマレジ】公式ページ>>

\リクルートのエアレジ/

エアレジの公式ページ>>

ここからの記事では、『スマレジ』と『エアレジ』の違いを詳しく紹介していきます。比べてみてお店に合ったPOSレジをはじめてみてね。

エアレジとスマレジの違いを一覧でみる

『スマレジ』と『エアレジ』の違いを一覧にまとめたよ。

エアレジスマレジ
キャンペーン現在なし
※関連キャンペーンは
キャッシュレス決済の
「エアペイ」でiPadと専用カードリーダー無料キャンペーン中
現在なし
※30日間全プラン無料お試しあり
※関連キャンペーンは
キャッシュレス決済の「ストアーズ決済」
で専用カードリーダー無料キャンペーン中
料金【月額固定費0円】【月額固定費】
・0円(スタンダード)
・4,400円(プレミアム)
・7,700円(プレミアムプラス)
・11,000円(フードビジネス)
・13,200円(リテールビジネス)
必要機器iPadもしくはiPhone

必要なら
レシートプリンター
キャッシュドロア
バーコードリーダー
iPadかiPhoneかiPodタッチ

必要なら
レシートプリンター
キャッシュドロア
バーコードリーダー
※バーコードリーダーはカメラ機能で代用
可能
連携できるものキャッシュレス決済
・エアペイ・Square
会計ソフト
・弥生シリーズ・freee会計
・マネーフォワード・FXシリーズ
飲食システム
・レストランボード・出前館
・ホットペッパーグルメ
キャッシュレス決済
・Square・ストアーズ決済
・楽天ペイ・スマレジペイメント
・JMSおまかせサービス
・StarPay・ペイメントマイスター
など・・・
・ステラターミナル
会計ソフト
・弥生シリーズ・freee会計
・マネーフォワードクラウド
・勘定奉行クラウド・FXシリーズ
など・・・
飲食システム
・UberEats・L.B.B.Cloud
・QROrder・TORETA
・FOODIT21・ぴかいちナビ
・Win-Board・FoodingJournal
・EATGRAM
など・・・
ECサイト
・shopify・EC-CUBE
・ネクストエンジン
・G1Commerce・アシスト店長
・ロジクラ
など・・・
サポート体制・メール(1営業日以内の返信)
・オンラインチャット(平日10時から19時)
・メール(18時までは当日返信)
・電話(プレミアムプラスから)

スマレジは、無料プランから5段階の料金プランがあり、お店に合ったプランを選ぶことができます。
会計システムや決済端末との連携システムやオプションも豊富です。
プラン契約は縛りがなく、いつでも変更できるからお店の変化に合わせることができる『スマレジ』がオススメ。
使える機能が沢山あるので、まずは無料で資料ダウンロードしてみてね。

\資料請求はこちら/

【スマレジ】公式ページはこちら>>

\30日間無料で全プラン利用できる/

スマレジ申し込みはこちら>>

エアレジは、無料プランのみ。レジ機能だけなら満足に使えるPOSレジだよ。キャッシュレス決済のエアペイはエアレジのみの連携になるから、エアペイを利用しているお店はエアレジをはじめてみてね。

エアレジ公式ページはこちら>>

キャンペーンで比較

エアレジスマレジ現在キャンペーンはしていません。

なので、今1番お得にはじめる方法はあるのか?紹介していくね。

エアレジ→エアペイのiPad無料キャンペーンでiPadを手に入れる
スマレジ→30日間、全プランの機能を無料で有効活用する

エアレジをお得にはじめるには

エアレジは、

エアレジと連携できる、キャッシュレス決済の「エアペイ」をiPad無料のキャンペーン中に申し込む

エアレジをはじめる為には、iPadもしくはiPhoneが必要です。

もしまだお店のキャッシュレス決済を導入していなければ、「エアペイ」をiPad無料のキャンペーン中に申し込むことでiPadが無料貸与されるよ。

貸与されたiPadを使って、お得にエアレジとエアペイをはじめることができます。

キャッシュレス決済「エアペイ」のキャンペーンについてくわしくは別記事で紹介しているよ。

\キャッシュレス決済はエアペイ/

エアペイ公式ページはこちら>>

スマレジをお得にはじめる方法

スマレジは、

30日間の「全プラン無料お試し」を有効活用する

スマレジは、無料アカウント作成から30日間は有料プランもすべての機能が使えます。

無料期間中に必要な機能はどれか?

どのプランが合っているか?
試しながらじっくり考えられるよ。

プレミアムプラスの有料プランで利用できる「365日電話サポート」も受けられるので不明点や疑問点を解消することができるよ。

30日間、有料プランにお申込みをしなければ30日後には無料プランに自動的に切り替わります。
勝手に有料プランになることはないから安心してね。

スマレジのキャンペーンやお試し期間についてくわしくはこちら>>で紹介。

スマレジと連携できるキャッシュレス決済の『ストアーズ決済』は決済端末が無料のキャンペーン中。
ストアーズ決済のキャンペーンについてくわしくはこちら>>で紹介。

スマレジと連携できるキャッシュレス決済の『スマレジ・PAGATE』はオールインワン決済端末(通常30,800円)が無料のキャンペーン中。

スマレジ・PAGATEのキャンペーンについてくわしくはこちら>>で紹介。

スマレジ資料ダウンロードは30秒で完了/

【スマレジ】公式ページはこちら>>

\スマレジ申し込みはこちら/

スマレジ申し込みはこちら>>

料金で比較

料金で比較すると、プランが豊富にあるスマレジの勝利。機能を増やしたくなってもプランを変更するだけで対応できるから、新たなレジを導入して操作を覚えなおす必要も無いから安心だよ。

エアレジの料金は、

アカウント登録も月額利用料も完全無料

エアレジの魅力は完全無料なところ。無料でも会計や売り上げ分析など必要な機能はそなわっているので人気が高いよ。エアペイを利用しているお店はエアレジに挑戦してみてね。

エアレジ公式ページはこちら>>

スマレジの料金は、

・アカウント登録無料


・5つの料金プラン
 ①スタンダード     0円
 ②プレミアム    4,400円
 ③プレミアムプラス 7,700円
 ④フードビジネス  11,000円
 ⑤リテールビジネス 13,200円

スマレジは無料プランと有料プランがあり、全部で5個のプランがあるよ。

無料プランは基本的なレジ機能が利用できます。2店舗以上利用したい場合は、複数台使えるプレミアムからになります。

プレミアムプラスからは、365日対応の電話サポートが受けられるよ。

5つのプランは縛りもないから、変更したい時もスムーズに変更できます。まずは30日間の無料期間にどのプランが一番合っているか試して決めてね。

\かんたん資料ダウンロード/

【スマレジ】公式ページはこちら>>

導入に必要なもので比較

エアレジもスマレジも導入に必要なものはさほど変わらず、

どちらもiPhoneやiPadが必要だよ。

それぞれ対応可能な周辺機器なども紹介していくね。

エアレジ導入に必要なもの


エアレジ導入で必要なものは、

・iPhoneもしくはiPad

レシートプリンターやバーコードリーダー、キャッシュドロアが必要な場合は別途購入が必要です。

エアレジで利用可能な周辺機器は、

・据え置き型レシートプリンター
・モバイル型レシートプリンター
・キャッシュドロア
・レシートプリンター内臓キャッシュドロア
・バーコードリーダー
・ラベルプリンター

スマレジの導入に必要なもの

スマレジ導入で必要なものは、

・iPhoneもしくはiPadもしくはiPodタッチ

レシートプリンターやキャッシュドロアが必要な場合は別途購入。

バーコードリーダーはiPadやiPhoneのカメラ機能で代用できるけど、よく使う場合はバーコードリーダーも別途購入するのが良いよ。

対応可能な周辺機器は、

・据え置き型レシートプリンター
・モバイル型レシートプリンター
・マルチ決済端末
・CAT/CCT端末
・キャッシュドロア
・レシートプリンター内臓型キャッシュドロア
・バーコードリーダー
・RFIDリーダー/ライター
・ラベルプリンター
・カスタマーディスプレイ
・自動釣銭機
・セルフ決済端末向け自動釣銭機
※周辺機器を定額で利用できるオプションもあるよ
\スマレジ資料ダウンロードはこちら/

【スマレジ】公式ページはこちら>>

\スマレジ申し込みはこちら/

スマレジ公式ページ>>

連携できるもので比較

連携できるサービスは、スマレジが圧倒的に種類が多くスマレジの勝利。色々な外部サービスを利用しているお店はスマレジがオススメだよ。

エアレジは、リクルートが提供しているエアレジ関連サービスが沢山あるよ。

それぞれ連携できるサービスを

詳しくみていくね。

エアレジの連携できるもの

エアレジの連携できるサービスを一覧表にしたよ。

連携サービス名内容
AirPAY お店のキャッシュレス決済サービス
Square お店のキャッシュレス決済サービス
弥生シリーズ会計ソフト
freee会計会計ソフト
マネーフォワードクラウド会計ソフト
TKC FXシリーズ会計ソフト
出前館宅配デリバリー総合サービス
AirREGIオーダー飲食店のオーダーシステム
AirMATEお店の経営アシスタント
レストランボード予約・座席情報
AirSHIFTシフト・勤怠情報
Airリザーブ予約管理システム

エアレジの連携できるサービスは、外部サービスよりもリクルートが提供しているサービスが多いよ。エアレジを活用するなら、リクルートの提供サービスで統一していくのが良いよ。

スマレジの連携できるもの

スマレジで連携できるサービスは、2022年4月時点で

・キャッシュレス決済サービス 6種類
・会計ソフト 5種類
・飲食サービス 9種類
・医療系 4種類
・動物病院 2種類
・販売管理 6種類
・ECサービス 6種類
・顧客管理サービス 9種類
・分析サービス 3種類
・その他 5種類

スマレジで連携できるサービスを一部一覧にしたよ。

連携サービス名内容
JMSおまかせサービス WEBプラン据置型のキャッシュレス決済
CAT/CCT端末 WEB明細
JMSおまかせサービス おてがるPayiPad/iPhoneのレジ端末とカードリーダーを利用した
モバイルキャッシュレス決済
StarPay複数のQRコード決済に対応したマルチQRコード決済サービス
STORES 決済 (旧:Coiney) お店のキャッシュレス決済サービス
Square お店のキャッシュレス決済サービス
楽天ペイお店のキャッシュレス決済サービス
ステラターミナル お店のキャッシュレス決済サービス
マネーフォワードクラウド会計ソフト
TKC FXシリーズ会計ソフト
freee会計会計ソフト
弥生シリーズ会計ソフト
勘定奉行クラウド会計ソフト
Uber Eats LINKUberEatsと店内売上を一元管理
L.B.B.Cloud モバイルオーダープラットフォーム
QR OrderQRコードを利用したセルフオーダーシステム
TORETA予約・顧客管理システム
FOODIT21フードサービス業向け 店舗支援トータルシステム
れすだく飲食店の日次決算プラットフォーム
ぴかいちナビ外食産業向け管理システム
Fooding Journal多店舗展開の飲食店向け統合管理システム
EAT GRAMICチップ搭載のブレスレットを使ったオーダーシステム
ApaRevoファッション業界の販売・購買管理システム
SMILEV販売見積り・受発注・売上仕入れ・在庫管理など基幹業務をトータルサポート
アラジンオフィス forfashionファッション業界特有の販売・在庫管理システム
商奉行クラウド販売管理システム
One’sClosetアパレル向けのクラウド販売管理システム
キャムマックスECやモール、卸販売の売上データを一元管理
ネクストエンジンEC店舗の一元管理
shopifyECカートシステム
EC-CUBEEC構築パッケージ
ロジクラ倉庫管理・在庫管理
LINEミニアプリLINEでの顧客管理・セグメントメッセージ
Chatworkメール・会議・電話などのコミュニケーションツール

など、他にも多数の連携システムがあるよ。

\無料資料をダウンロード/

【スマレジ】公式ページはこちら>>

\スマレジ申し込みはこちら/

スマレジ申し込みはこちら>>

サポート体制で比較

サポート体制は有料プランだけど、365日電話対応があるスマレジの勝利

エアレジは、

・メール(返信は1営業日以内)
・オンラインチャット(平日10時~19時)

オンラインチャットは混雑時や受付時間外は利用できないから注意

スマレジは、

・メール(18時までのメールは当日返信)
・電話(9時~22時まで365日)※プレミアムプラスから利用可能

電話に対応してくれるスタッフは、スマレジの認定試験に合格したエキスパートだから、安心して相談できるよ。

管理画面の操作から設定や急なトラブルなど

なんでも活用できるよ。

それぞれどんなお店にオススメ?

エアレジとスマレジのそれぞれにオススメなお店は、

エアレジ→キャッシュレス決済のエアペイを活用しているお店


スマレジ→セルフレジや自動釣銭レジの導入、外部サービスの活用など、お店の変化に合わせてPOSレジを機能的に使いこなしていきたいお店

エアレジは、基本的なレジ機能を無料で使うことができます。操作も直観的で簡単と評判です。
キャッシュレス決済の「エアペイ」と連携できるのは『エアレジ』のみなので、エアペイを利用しているお店は迷わずエアレジが良いよ。

スマレジは、無料プランで基本的なレジ機能を利用することができます。操作も直観的で簡単。
連携できる外部サービスも多数あり、有料プランだとセルフレジや自動釣銭レジなど一緒に利用することもできます。

有料プランを活用して今後利用できる機能を増やすこともできるので、変化の多い時代に対応していきたいお店は『スマレジ』がオススメだよ。

\高機能POSレジを無料プランから導入/

【スマレジ】公式ページはこちら>>

\スマレジ申し込みはこちら/

スマレジ申し込みはこちら>>

評判で比較

エアレジとスマレジの評判を比較しました。

エアレジ』の多い評判を下記に箇条書きでまとめたよ。

良い評判
・通常のレジスターの機能、使い勝手にかなり近くなってきている
・無料でこれだけできれば満足
・使いやすく、わかりやすい
・年間の売上が見られるのがいい
悪い評判
・内臓カメラでバーコード読み取りができるようになってほしい
・一日の売り上げがすぐに見れない
・一時保存中の顧客管理がしにくい
・100席あるレストランなどには向かない。無料には限界がある

無料で使えるなら上出来との評判がある一方、限界があるとの声がありました。小さいお店だと問題なく利用できるけど、不安がある場合は事前にどれほどのことができるか把握してからはじめるといいよ。

スマレジ』の多い評判を下記に箇条書きでまとめたよ。

良い評判
・サポートスタッフの対応が迅速丁寧でわかりやすく良い
・免税の電子化が対応済ですごい
・セルフレジなど今の時期に欲しい機能が満載
・安くて高機能なPOSで驚きました
悪い評判
・月額料金が高い
・はじめての設定は難しい
・仕様が複雑
・無料だと商品登録数に限りがあるので

スマレジは高機能だけあり、使い方に慣れるまでに少々時間がかかるとの声がありました。
サポートの迅速なメール対応で疑問点は解決できたとの声も多く、30日間の無料期間にお試しからはじめてみるのが良いよ。

スマレジの0円プランとエアレジの基本機能を比較

『エアレジ』の利用できる【レジ機能】と『スマレジの0円プラン』で利用できる【レジ機能】を比較した表を作ったよ。

【会計・レジ販売機能の比較】

エアレジスマレジ0円プラン
商品入力販売入力
割引・割増割引・割増
端数値引き端数値引き
軽減税率軽減税率
非課税免税販売
個別会計個別販売
返品・返金会計保留
会計前レシートかんたん販売モード
リソース管理セット販売
オフライン機能取置販売
伝票一覧部門販売
バンドル販売
オプション販売
セール販売
オプション販売
取引メモ
ギフトレシート
取引タグ
券売機アプリ

その他エアレジは、

・売上管理・点検,精算・顧客管理・在庫管理・商品管理・基本情報管理

などができるよ。

スマレジは、

・売上分析・商品別売上分析・予算管理・データのCSV出力・スケジュール管理

などができます。エアレジは無料プランで顧客管理と在庫管理までできるので、便利だよ。
スマレジは4400円プラン以上で複数店管理、月別売上管理、損益管理などが可能で、7700円のプレミアムプラス以上から顧客管理や電話サポート、セルフレジ、自動釣銭機連携などが利用できるよ。

まとめ お店に合わせて長く使えるスマレジがオススメ

エアレジとスマレジを比較してきました。

まとめると、無料プランからPOSレジを使えて、必要に応じてプランを変更できる『スマレジ』がオススメだよ。

有料プランの契約縛りもなく、簡単に解約やプラン変更ができるので安心です。
導入時は30日間全プランを無料で使えるので、どの機能が必要で使いやすさなども、しっかり見極めることができるよ。

\資料ダウンロード無料/

【スマレジ】公式ページはこちら>>

\スマレジ申し込みはこちら/

スマレジ申し込みはこちら>>

タイトルとURLをコピーしました